2008年07月26日

肥満小学生はメタボ予備軍=女性はリスク10倍−

肥満小学生はメタボ予備軍=女性はリスク10倍−労災病院医師らが全国調査

小学6年の時に肥満だった人は大人になってから、脳卒中などの生活習慣病が起きる危険が高い状態「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)になりやすいとの調査結果を、宗像正徳・東北労災病院勤労者予防医療センター相談指導部長ら医師の研究チームが25日までに発表した。発症リスクは女性で10倍にも達し、子供のころの食習慣とメタボ発症に強い関連性があることが浮かび上がった。(時事通信)

Yahooニュースより〜

ちょっと気になったのでブログで紹介してみた。
更に気になるのは、メタボ患者になるリスクは小6で肥満だった人は肥満でなかった人に比べ、男性で2.8倍、女性で10.1倍。また、小学校の時にスポーツをしていた人はしていなかった人に比べ、男性で1.6倍、女性で2.6倍の高さになった。って事。
以前、ニュースで今の小学生の約3割〜5割くらいはメタボ(うろ覚え)ってのをテレビでやってたけど、この子達が将来大人になった時の健康リスクはメチャクチャ高いです。
このブログ記事を読んだ親御さんはちょっと食生活を見直してみては?


肥満小学生はメタボ予備軍 参考サイト

「メタボ」認知度9割弱=3割が対策講じる−内閣府調査時事ドットコム
小6で肥満なら成人メタボ?子供の生活習慣注意健康ニュース:イザ


肥満小学生はメタボ予備軍 ブログリンク集

1 奄美の小学生 肥満率は1.5倍
奄美の子、実は肥満=全国の1.5倍超−沖永良部島で小学生調査
豊かな自然に恵まれ、「長寿・子宝の島」と称される鹿児島県・奄美諸島。しかし、同諸島の沖永良部島に住む小学生の肥満率が、全国平均の1.5倍以上に達していることが23日、県立短期大学の調査で明らかになった。

2 肥満傾向
子供6人の中1人が肥満であるといわれるフランス。アンジェでは客観的に見ても肥満の子供の割合はまだまだ少ないと感じますが。将来の肥満化の増加を心配して政府が今週からテレビのコマーシャルについての原則を定めました。

3 肥満大国アメリカ
肥満大国と食育
来週入院予定の肥満患者の奥さんから入院時に栄養指導を受けたいと電話で依頼が来た。どうぞと答えたが内心は遅い!脳卒中になってからでも栄養指導する意味は再発予防の点からはあるが、今まで考えてなかったのか?

4 「食事回数が多いほど肥満傾向が低い」という説
机にあった日本ケロッグが発行する栄養・健康情報誌「ケロッグアップデイト」No98をめくっていたら、「食事の摂取頻度が少ないほど、肥満傾向が高い――ポルトガルの青少年に対する研究」という記事が目についた。

5 肥満児童「減量作戦」 親世代の生活習慣にも影響
増える肥満傾向の小中学生の割合
将来の生活習慣病予備軍を減らすため、厚生労働省は06年度から、子どもの肥満防止対策に乗り出す。肥満児童・生徒は増える傾向にあるが、親世代の生活習慣が影響を与えている可能性もあるとみて、親も含めた生活習慣を調査。

6 寝る子は太らない=睡眠不足で肥満リスク上昇−米大調査
十分な睡眠を取る子供は肥満になる確率が低いとの調査結果が、米小児科学会の機関誌11月号に発表された。ミシガン大の研究者は「睡眠不足の子供は注意力の散漫を招くだけでなく、肥満リスクも高まるようだ」と警告している。

7 お母さんがタバコを吸うと赤ちゃんが肥満になるの?
お母さんがタバコを吸うと赤ちゃんが肥満になるの?というお話です。
妊娠初期の女性が喫煙者だと、生まれた子どもが10歳になった時点で肥満になる確率が、非喫煙者に比べ約3倍高いことが、山梨大医学部の山県教授らの調査分かりました。

8 <睡眠>7〜9時間が適切 10万人規模の調査で判明
<睡眠>7〜9時間が適切 10万人規模の調査で判明 -毎日新聞-
『 睡眠時間が7〜9時間より長いか短い子どもは、精神状態が悪いという傾向のあることが、日本大医学部の兼板佳孝講師(公衆衛生学)らによる10万人規模の調査で分かった。兼板講師は「7〜9時間が適切な睡眠時間だと示すデータ」と説明している。

9 早食いの子供ほど肥満…東京歯科大など調査
以前、このブログで紹介した、肥満化が進んでいる沖縄県八重山諸島の子供たち。
http://blog.osaka-sleep.com/archives/50766161.html#comments
何故肥満化がすすんでいるのか調査中です。

10 大腸がんと肥満の関係
肥満の男性は、約1.5倍大腸がんになりやすとか?
肥満は糖尿病や動脈硬化などの危険因子になりますが、男性では大腸がん になりやすいことも厚生労働省の大規模疫学調査でしめされました。

11 子供の頃から、肥満に敏感に!
生活習慣病の予防は子どものころからと、6〜15歳を対象とする 「メタボリック症候群」の診断基準ができた。厚生労働省の研究班 (主任研究者=大関武彦・浜松医科大教授)がつくった。予備軍も含めると中高年男性の半数があてはまるとされるこの症候群。

12 肥満の分類
単純性肥満
単純性肥満は、運動不足やエネルギーの摂取過剰によってもたらされたものである。小児では両親の一方、もしくは両方供に肥満であることが多く、身長が暦年齢相当で、精神運動発達は正常、奇形は見られない。

13 「肥満なアメリカ人」
アメリカといえば、肥満の人が多い国!その肥満の原因は何といっても美味しい美味しいハンバーガー。マクドナルドに毎日通った子供が肥満になって、その両親がマクドナルドを訴えた話は日本でもニュースになりましたな。

14 小6で肥満は将来メタボの可能性
■今日のニュース
■お題⇒小6で肥満は将来メタボの可能性
あーまあ。常識的に考えて、まさにその通りでうすよねー。

15 子供の肥満について。
肥満の防止策の必要性は、とうとう子供にまで及びました。 11月5日の日本経済新聞夕刊に、厚生労働省が来年度からモデル地区を選定し、子供の肥満解消に取り組むことを決定した、との記事が出ておりました。

 

成人でメタボなら、ちょっとダイエットしろよって思うけど、子供でメタボってのは100%親のせいなんじゃ?
最近じゃあ共働きのご家庭が増えているとは思うんだけど、そのせいで子供がメタボになっているのだとすればちょっと可哀想ですよ。
昔から肥満=裕福って感じだったけど、肥満でもビタミンやミネラルが足りてない事が結構あるので、やっぱりバランスの良い食事と適度な運動が大切なんじゃないかな。
将来の健康リスクを減らすって意味でも、現在メタボ気味のお子さんがいる親御さんは食生活を見直してみてはいかがでしょうか?


posted by mami at 18:42| 🌁 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103637716

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。